So-net無料ブログ作成
検索選択

静岡で新茶の初取引=生育遅れ単価2倍に(時事通信)

 新茶シーズンの本格的な到来を告げる「新茶初取引」が19日午前、全国の生産茶の約1割を扱う静岡茶市場(静岡市葵区)で行われた。3月末の冷え込みで静岡県内の茶園の約65%に霜が降り生育が遅れたことから、県内産新茶の取扱数量は前年を大幅に下回り、価格は跳ね上がった。
 市場には早朝から生産者や茶商ら約800人が詰め掛けた。取引開始のベルが鳴ると、買い手は新茶を手に取り、香りや色を入念に品定め。商談が成立するたびに「パンパンパン」と威勢の良い手締めの音が響いた。
 この日の県内産新茶の取扱量は約1300キロで前年の1割強にとどまり、初取引日としては1996年以来の低水準。1キロ当たりの平均単価は約1万1000円と前年(5336円)の約2倍となった。最高値は前年と同様、静岡市清水区両河内産「やぶきた茶」の10万円。 

首相退陣なら衆参同日選も=仙谷氏(時事通信)
<手塚治虫文化賞>マンガ大賞に山田芳裕さん「へうげもの」(毎日新聞)
東京、近畿の水俣病訴訟も和解へ(時事通信)
参院で議員控室交換の引っ越し始まる(産経新聞)
伊東美咲が公式サイトで妊娠報告〜「たくさんの愛情を注いであげたい」

山崎さんシャトル帰還=日本人最後、一時代に幕−米ケネディ宇宙センター(時事通信)

 【ケープカナベラル(米フロリダ州)時事】山崎直子さん(39)ら日米7人が乗るスペースシャトル「ディスカバリー」が20日午前9時8分(日本時間同日午後10時8分)、フロリダ州のケネディ宇宙センターに着陸した。
 シャトルは年内にも退役する予定。日本人の搭乗は山崎さんが7人目で、1992年の毛利衛さん(62)から約17年半にわたった「シャトル時代」が幕を下ろす。来春に古川聡さん(46)が国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する際からは、ロシアのソユーズ宇宙船だけに頼ることになる。 

【関連ニュース
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
山崎さんシャトル、帰還へ=日本人最後、一時代に幕

奈良の神鹿撃った男、動機は「肉で金もうけ」(読売新聞)
精神医学 裁判員向け初の用語集出版(毎日新聞)
障害者死亡、逆転で労災認定=「判断基準、健常者とは別」−名古屋高裁(時事通信)
「プロ根性あった」「別れたくない」=村本さんの通夜−東京(時事通信)
蛇笏賞に真鍋呉夫氏(時事通信)

あす赤塚植物園で緑のイベント(産経新聞)

 板橋区の区立赤塚植物園で17日、緑のイベント「グリーンフェスタ2010」が開かれる。緑を大切にする心を啓発しようと区が毎年実施しているもので、今年で11回目。

 約1万平方メートルの園内には600種以上の樹木や草花が植えられており、当日は園内の植物を見て歩くガイドツアーのほか、花苗や花木の販売、ハーブ講習会、クラシックコンサートなどが開かれる。午前10時からは先着350人に花苗セットなどと引き換えられる整理券を配布する。

パトカー追跡のバイク、列車と衝突=けが人なし、男2人が放置して逃走−三重(時事通信)
<たちあがれ日本>党人事決まる 幹事長に園田氏など(毎日新聞)
核不拡散で貢献策表明へ=鳩山首相、米国に到着−核安保サミット(時事通信)
「国境なき東大生に」=入学式で浜田学長(時事通信)
疼痛治療薬に関するライセンス契約が終了―持田製薬(医療介護CBニュース)

日展理事 大角勲氏死去(産経新聞)

 大角勲氏(おおかど・いさお=金属造形作家、日展理事)4日、ぼうこうがんのため死去、69歳。自宅は富山県高岡市守護町1の14の17。葬儀・告別式は6日午前11時、高岡市下黒田1678、オークスセレモニーホール高岡で。喪主は長男、亮(りょう)氏。

 昭和39年、日展に初入選。平成15年、日本芸術院賞を受賞した。

<薬害C型肝炎>全国原告団代表、山口美智子さんが自叙伝(毎日新聞)
密約関連文書紛失で調査委員会(産経新聞)
官民一体で次世代送電網市場開拓 政府協議会発足(産経新聞)
フィギュア 高橋大輔選手が地元・岡山でパレード(毎日新聞)
普天間「八方ふさがり」…首相責任論、不可避に(読売新聞)

「サミット以上に厳しい警備」=APEC対策委で副総監−警視庁(時事通信)

 11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に備え、警視庁は5日、「第1回APEC警備対策委員会」などを開催した。同日付で着任した岩瀬充明副総監は「東京が主戦場の一部で、北海道・洞爺湖サミット以上に厳しい警備となる」と訓示した。
 岩瀬副総監は「国際テロの脅威は高く、国際会議では反グローバリズム勢力が会場周辺で大規模デモをし、暴徒化の現象がみられる」と指摘。「事前の対策が成否に直結する」として、各部の緊密な連携や、交通規制に協力が得られるような情報発信、機動隊の実践的訓練の重要性を挙げた。 

【関連ニュース
手配写真を更新=日本赤軍メンバー
「危機感共有し、完遂を」=APEC警備で対策会議
APECジュニア会議が閉幕=平和求める宣言採択
自由化評価、6月に報告案=日本APEC、初会合閉幕
自由化の進展を評価へ=広島で事務レベル会合開幕-APEC

「仕分け人」第2弾、8議員と民間人の一部内定(読売新聞)
<火災>交番に落とし物届ける間に、ラーメン店全焼 和歌山(毎日新聞)
ニコン、タッチシャッター搭載モデルなどコンデジ「COOLPIX」の一部を発売延期
<与謝野元財務相>新党結成で合意 平沼元経産相代表就任へ(毎日新聞)
「夜スペシャル」施設使用は適法=塾連携の夜間有料授業−東京地裁(時事通信)

尼崎で火事 5人搬送(産経新聞)

 2日午前2時20分ごろ、兵庫県尼崎市南塚口の会社員、小松宏さん(52)方から出火。木造2階建て延べ約80平方メートルのうち1階居間約20平方メートルを焼いた。この火事で、小松さんと妻(50)、母(85)の3人が顔面に重いやけどを負ったほか、長女(16)と次女(15)も体調不良を訴え、病院に搬送された。

 尼崎北署によると、小松さんは6人暮らし。出火当時、小松さんと妻が1階で、母と長女ら計4人が2階で寝ていたという。同署は出火原因を調べている。

25%減でも経済成長可能=温暖化対策で試算−環境省検討会(時事通信)
放鳥トキ、新たに1組営巣=佐渡(時事通信)
コンビニ納税、4月から全都道府県で=市町村は2割超−総務省調査(時事通信)
小学教科書検定 検定透明化へ審議概要を公開(産経新聞)
<亀井郵政相>仙谷戦略相を批判「郵政問題は1、2周遅れ」(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。